2017年09月05日

夏の室町会議が開催されると勘違いして鎌倉に行ってきました(その2)

おはようございます
「夏の室町会議が開催されると勘違いして鎌倉に行ってきました(その1)」
の続きです。

『鶴岡八幡宮』の参拝を終え
境内東の鳥居から外に出て
次の目的地、初訪問の源頼朝の廟所『法華堂跡』へと、旅は続きます。

てくてく… 着きました!!


鎌倉『法華堂跡』

まあ10分とかからない感じです。


鎌倉『法華堂跡』に続く階段


この階段を上った先の、丘の上一帯が『法華堂跡』です。
源頼朝は、生前の自身の持仏堂だった「法華堂」に葬られ
ここは以後、源頼朝の廟所(墓所)として信仰され続けますが
後に廃絶し
現在は、江戸時代に整備された源頼朝の墓石が安置されています。
(階段下、向かって左側には、源頼朝を祀る『白旗神社』がありますが
 こちらは明治時代に新設されたものです。)


鎌倉『法華堂跡』空間


これは上った先の、とりあえず右の方の風景。
(※写真左側にちらっと見えるのが、階段上って正面の頼朝さんの墓石領域。)

『法華堂 "跡"』なので、まあ空間です。
でも時空のひずみが観測されそうな空間です。 (; ・`д・´)ゴクリ…



さて、この『法華堂跡』室町的には どうかと言いますと…

尊氏たちが固い決意を胸に西へと旅立った『建武一年合戦』の頃
足利高経の長男の足利家長(斯波家長)は、尊氏から鎌倉を託されるのですが
その少年大将足利家長と共に
幕府再興の未来を背負った足利軍の為に壮絶に戦い抜いた―――
相馬重胤(そうま しげたね)の終焉の地 なのであります!!


(※この話については、以下の記事を↓
 『Muromachi通り』
 「室町的鎌倉旅行記(その2)…の続報「足利家長奥州編」」(2016.2.25)
 「室町的鎌倉旅行記(その2)…の続報「足利家長関東編」」(2016.3.9)
 …てゆうかこの旅行記、まだ話思いっきし途中だったわ。)


建武3年(1336)4月16日
京都に滞在していた北畠顕家が、再び奥州へと戻るその帰国の途次
鎌倉周辺を通過する際に起こった「相模国片瀬川での戦い」
迫りくる北畠軍を迎え撃つべく
一族の相馬胤康(たねやす)が、まず最前に馳せ向かって討死
そして相馬重胤は、当時の鎌倉の中心部に位置する「法華堂」で自害して果てます。

この時の状況についてですが…
『法華堂跡』の東、『浄妙寺』周辺に当時の足利邸があった訳ですが
地理的に考えて、おそらく相馬重胤は初めから―――

西の片瀬川より迫る敵軍から、大将家長たちを逃がす目的で
(↑当時、鎌倉の主君として幼少の義詮(※尊氏の嫡男)がいた)
時間稼ぎのために「法華堂」に立て籠もった、つまり…
"自害前提" で盾になった のではないか?

と私は見ているのですが。


え、もしそうだったとしたら
色々となんかもうどうなの!?(´;ω;`)どうなの!!?(´;ω;`) どうすんの!!?
…という、抑え切れない溢れる何かに背中を押されて『法華堂跡』に行きました。


足利家長ファン、かつ
相馬重胤と、彼に従った相馬一族
これ以上ない初志貫徹戦いぶりと忠誠ぶりの大大大ファンな私としては
この鎌倉時代の代表的史跡『法華堂跡』
室町的な意味で聖地なのですよ、聖地!!

この戦で散った相馬重胤相馬胤康
前年、足利軍に属して少年大将足利家長に従うことを決めた時
子に所領の「譲状」(ゆずりじょう)を認(したた)めているのです。
つまり、死ぬ覚悟で尊氏に属する決意をしているんですよ!!(´;ω;`)
こういう、「まさに武士!」的な最強最高エピソード、ほんと好きなんですが。

相馬重胤とかもう、何なの!!…ってくらいに最強でむちゃむちゃ好きです。
(だったら早く上の旅行記完成させろよって話ですが。)



『建武一年合戦』への旅立ち…
この後の足利軍に起こった事を、私達は知っています。
それはすべてが過去となった後世から見たら、当たり前の歴史なのかも知れない。
でも、自分たちの明日を知らずに生きていた彼らにとって
未来は、何も確かなものを約束してくれないでしかなかった。
建武政権と袂を分かち、戻れない道を行く事を決めた足利軍の、この時の決断出発
よりももっと暗い闇夜の果て
誰も届いたことのないを掴むような、無謀な一歩だったはずで―――


相馬重胤彼に従った一族
そして尊氏直義
彼らがそれぞれの胸に予感していた時代の大転換という姿なき巨塔
未来を知らない彼らが抱いていた絶望と希望というリアル

彼らの立場であの日の明日を想像すると
歴史って、本当に壮大なドラマなんだな…って思い知らされます。
全身に、蘇るような戦慄期待が押し寄せて心が震えます。

「結果」を当然と思わない、「未来を知らない」視点で感じる歴史
…という妄想ジャンル、わりとかなり興奮度高いと思うのですが
え、どうなの?
全国展開に向けて緊急会議なの?




さて、『法華堂跡』室町的時空のひずみに陥落した私は
再び道に戻り、次の目的地へ向けてさらに東へ進みます。

ところで、『法華堂跡』のすぐ東の少し丘を登った場所にも
「北条義時の法華堂跡」とか「三浦一族のやぐら」とか色々あったっぽくて
折角なので探してみようと思っていたのですが
『法華堂跡』の階段を下りた先の道端
超低空旋回飛行し続ける謎の黒アゲハ蝶に遭遇して夢中になっている間に
その事をすっかり忘れてしまい
一通り黒アゲハに気が済んだあと、満足してそのまま立ち去ってしまいました。
不覚です。


という訳で、ひたすら東へてくてくとぼとぼ進みます。
向かった先は…

…と話を続けたいところですが
長くなってしまったので次回
「夏の室町会議が開催されると勘違いして鎌倉に行ってきました(その3)」
に続けることにします。



posted by 本サイト管理人 at 07:57| Comment(0) | 観応日記(尊氏、直義)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: