2017年10月24日

鎌倉国宝館の今期足利基氏展が悩ましすぎる

『鎌倉国宝館』で21日から始まった足利基氏展の出品リストすごすぎますよね?
何なんです?この常識破り感は。
尊氏願文に尊氏画伯地蔵菩薩像に、た、た、た、直義の自筆書状!!!!?????
はぁ〜〜
もうここまでくると胸が苦しくなって来るマジ切ない。

というか、こういう企画展って普通、メインの一押し展示は数点じゃないですか。
何なんです?この 全部盛り感 は。
足利ファンとか南北朝ファンの夢がぎゅうぎゅうに詰め込まれまくっててこれでもか状態で
ドリームすぎてトレジャーすぎて
どこの京都国立博物館の国宝展かよ!!
やばい錯乱してくる。 ちょっと京都行ってくる横須賀線で。

だって、常盤山文庫所蔵の建武3年の足利尊氏願文(重要文化財)って…
「この世は夢の如くに…」のあれですよ!!
あれは宇宙的価値で言えば、余裕で国宝ですよ?
というか室町南北朝的には、通常の3倍の国宝 ですよ!!
キャスバル兄さんが自筆で書いた「直義安穏に…」とかもう
チートすぎてやばい。

ああもう赤い彗星過ぎてつらい…
錯乱して来たので、私が3年くらい前に作って放置してあった尊氏願文画像でもどうぞ。
(※賜ぶ(たぶ)…お与えになる。)


建武3年尊氏願文




posted by 本サイト管理人 at 23:41| Comment(8) | 日々のチラ裏