2016年04月08日

『Muromachi通り』通信【二周年…のおまけ】

こんばんは、『Muromachi通り』最新記事UPのお知らせです。
今日は、本サイト開設記念の特別おまけ
「二周年です(…のおまけ)」
です。


※※※以下、今日は少々ネタバレがありますので  
    どうぞ元記事を読んでから御覧下さい※※※



ようやく明応世代の一押しメインキャラ
畠山尚順を紹介出来て感無量です。
観応組に先を越されて、すっかり後発の新顔となってしまいましたが
私の中では明応メンバーは
かなり馴染みの深い古株だったりしますので
以後、よろしくお願い致します m(_ _)m


今回は、畠山尚順に焦点を当てた話になりましたが
『明応の政変』から京都凱旋
さらにその後の時代にかけて活躍する義材の仲間達
他にもたくさんいて
特に、周防・長門国の大内義興(よしおき)抜きには
この時代の半分も語れていない感じです。
(※大内義興は、『応仁の乱』での西軍筆頭大内政弘の嫡男)


というか、今回義材自身の動向も全然語れていないし…
なんて忘れられがちな公方なの。

(大雑把に言うと義材
  "政変〜凱旋返り咲き" までの15年間のうち
 前半は北陸の越中国畠山尚順の分国、ただし尚順は紀伊在住)
 ハーフタイム越前国に1年ちょっと朝倉貞景の分国)
 後半は西国の周防国大内さんのとこ)
 …に滞在していました。)


あとは、やはり伊勢一族
それから公家周辺の動向も(かなり)重要ですが
 (↑実はここが "天下の真相" に直結する超核心ポイント)
まあ続きはまたいつか。




ところで、どうでもいい話なんですが
実は尚順の如来名をどちらにするかですっごい悩んでて
最初の候補はこっちだったんですが…↓


畠山尚順


「無自覚英雄王子救国野生如来」を
  ↓
「無自覚英雄秘仏救国野生如来」にした。


"源氏の御曹司" という最強の王子属性が見事に希薄…
 (↑都落ちして野生に返ってしまったため)
というもったいなさが気になって
無理矢理前面に押し出してみようかと思ったのですが
でも、500年間ろくに御開帳されていない未確認秘仏も捨てがたくて
うーーーーーん
どう思いますか?


いや、おめーの考えた妄想如来名なんでどうでもいいよ!!
…とは、私も痛いほど思いますが
でもどうもこういう細かい事が
気になって気になってしょうがな… うん、まあいいか。


(※ちなみに「秘仏」(ひぶつ)とは
 厨子(ずし)などに納めて、普段は人に見せない仏像の事です。
 一年うん十年に一度、特定の日に公開されるものが多い。
 厨子は、仏像・経典などを安置する仏具で
 正面に両開きの扉がついた篭もり箱。 こもこもぬくぬく。)




まあ尚順は半分が義就ですからね
王子とか秘仏とか言われても本人は意味不明でしょうが。
ちなみにもう一つ
尚順について個人的に気になる所があって
"不思議なくらい色んな属性を持つ" という所なのですが…


戦の豪快さは義就に、戦の上手さは政長に
没落時の生命力は義就に、窮地での底力は政長に
義就のように一方的な政略でしょっぱい人生を歩まされながら
再び返り咲いても、政長の如く誰にも怨みの色を見せず
そして―――
我が世の春を目の前にして引き篭もる隠居聖人(ってゆうか隠居星人
なところは
尊氏を彷彿とさせるという… Σ(゚Д゚ )!!???


しかもなんか似ているんですよね
尊氏が政務から離れた "人には言えなかった理由" と
尚順が京都から離れた "人には言わなかっただろう理由" が。

前者は直義の為、後者は義材の為ですが
もう一箇所違うのは
尊氏は輪廻を "知っていた" けれど
尚順は(たぶん)知らずに輪廻の中に生きていた

という点でしょうか。


すみません、またなんか意味不明な事を言い出してしまいましたが
義材尚順というのはどうも
尊氏直義以来の "何か" を強く受け継いでいる気がしてならなくて…
もしかしたら
尊氏直義に始まった "伝説としての室町"
義材尚順と共に眠りに就いたのかも知れない…




☆☆今日のワンポイント☆☆

実は義材は、かなりの尊氏ファン



-
posted by 本サイト管理人 at 23:40| Comment(0) | 『Muromachi通り』通信

2016年04月12日

下野の国からお祝いもなか

こんばんは、今日はちょっと嬉しい二周年記念の後日談です。

(『Muromachi通り』の関連記事はこちら↓
 「二周年です」3月29日
 「二周年です(…のおまけ)」4月8日)



さて、この度は初めて『明応の政変』特化記事を書いてみた訳ですが
とりあえず概要… でライトに収める予定が
言いたい事が有り過ぎて長文化が止まらず
あまりの苦行指数急上昇に、自分でもヒィヒィ言っていたのですが
その間にも嬉しいお祝いコメントを頂き元気回復!でなんとか頑張れた
という次第であります m(_ _)m ありがてぇありがてぇ


…とは言え
今回は輪をかけて読む方の苦行指数が半端なくてすみません。
でもその… 頑張って下さい ><
って、暇つぶしの歴史ブログで苦行とかふざくんなwwww
って感じですがw
ただ何と言うか… 『明応の政変』というのは
(まあこれは太平記時代にも言える事なんですが)
単に "過去で完結する" 事件ではなく
後世に対するかなり強いメッセージが込められているのですよね。

(これはつまり「事件の真相を知って未来に生かしてくれ」
 …といったもの。)


以前『Muromachi通り』「夏休みの宿題(その2)」
"sunrise 三兄弟" の三男の所で『金言和歌集』の事に少し触れましたが
あの(酷悪な)政変を経験した者達と同じ国に生まれたからには

「後世の人間は彼らのメッセージを受け取り
 この事件を正確かつ完全に解明する義務がある!」


…くらいの印象を(本気で)受ける訳で
だから私も頑張るので
みなさんも頑張って下さい >< (んな無茶な…)




ま、そんな訳で
『バーボンMuromachi』の方もだいぶ間を空けてしまい
面目ない事になりましたが
そんな苦行の最中(さいちゅう)
最初の記事をUPした3月29日の2日後の話なんですが
ちょうど、本サイトのTOPページ春仕様に更新した日に
先日、那須のカフェ「SHOZO」のチョコをくれた
例の下野国(栃木県)在住の親戚から
特に何の脈絡もなくたまたま、こんなお菓子をもらいました。

栃木県足利市の老舗和菓子屋さん「香雲堂本店」
足利銘菓「古印最中」(こいんもなか)です。


古印最中


ななななんと!!

この親戚は栃木県の北の方在住であって(※足利市は西よりの南端)
しかも私が極度の室町マニアだという事も全く知らないのですが…

足利家の氏寺『鑁阿寺』(ばんなじ)や『足利学校』などの史蹟も多い
元祖足利さんのお膝元の銘菓を、な、なぜこのタイミングで!??


まあ栃木県民ならからまで
贈り物にするにも定番中の定番な "有名愛されもなか" のようで
わりと全国的にも知られた銘菓だったりもするのですが
実は私、この日まで「古印最中」の事を知らなくて
 (↑使えない室町マニアで本当にすみません)
「ふ〜ん、和菓子かぁ…」
と思いながら、たるんだ意識で説明の "しおり" を見ていたら
「足利」とか「尊氏」とかいう言葉が目に入って来たもんだから
「え、え? うぇうぇ??!!」
ともう、なんか最初騙されているのかと思って
プチ錯乱してしまいました。


んで、ちょっと落ち着いてから…

こ、これは… 尊氏さんからの二周年記念のお祝いに違いない!!
こんなタイミングでこんな事するのは、尊氏以外いない!!


と確信妄想するに至ったという訳です。(んな無茶な…)



では早速中身拝見…


古印最中


もとは7個入りなのに
被写体が3個とかいうせこさですみません。

それぞれ形が違いますが
これは、『足利学校』所有の書籍に押されている蔵書印など
足利に縁(ゆかり)ある古印を模している為
全部デザインが違うのです。


さて、ではいよいよ中身の中身を拝見…


古印最中


おおっ! まさに古印、なんか楽しい事になってます!!

ちなみに左から…「足利学校」「金剛山」「野之国学」です。


「足利学校」は、まあまんまです。
日本最古の学校といわれる『足利学校』の創設については
平安前期という説や
あるいは鎌倉初期の足利義兼(※尊氏直義の曽祖父の曽祖父)に始まる
…などの説があってはっきりは分からないのですが
室町時代中期に上杉憲実(のりざね)中興して以来大いに発展し
中世における日本最大規模の教育機関となった
という歴史的スペシャル偉業遺産です。
 (やっぱり上杉は良い仕事する!)


「野之国学」
これも『足利学校』の蔵書印の一つで
"野" とは上野国&下野国の事
つまり「野之国学」=『足利学校』という意味です。


「金剛山」は、国宝『鑁阿寺』(ばんなじ)の山号です。
下野国足利荘の足利家の氏寺、真言宗『鑁阿寺』
もとは平安時代後期以来の足利家(の先祖)の邸宅だった所で
 (↑源義国源義康(=足利家の祖)あたり)
鎌倉時代初期に義康の子の足利義兼
敷地内に持仏堂を建てて大日如来を祀ったのが始まりとされています。
その後、義兼の子の足利義氏の時代に寺院として整備され
そして …(中略)… 今に至る、という
尊氏直義にとっても室町マニアにとっても原点のような心の故郷
それが『鑁阿寺』です。
(行った事ないけど、すごく行ってみたい寺院です。)




という訳で
どっから食べても足利気分!「古印最中」いただきまーす
もぐもぐ、うーん (゚д゚)ウマーーーーー!!!!
尊氏さんに感謝しながら (゚д゚)ウマー すると100倍 (゚д゚)ウマーーーーー!!!!!

二周年祝いの下野もなか、ごちそう様であります m(_ _)m



…うん、まあ妄想なんですけどね。
でも偶然と思うにはもったいない出来事なので
そう思って楽しむ事にしました。
尊氏さんが賛同してくれていると思うと
室町研究もいよいよ迷いが晴れて前進出来ると言うものです。


というのも、実を言うと私
「こんな事まで言ってしまっていいのだろうか…」
と、時々不安になったりしている小心者でして
これまでずっと
"尊氏の秘密"(…やその他あれこれ)が歴史の深遠に眠り続けて
あの時代の深層が誰にも知られずに来たのは
何かしら意味のある事であって
だとしたらそれが目覚める時も
意味のあるタイミングが用意されているはずで

それは本当に "今" でいいのだろうか…?
もしかして "言ってはいけない事" もあるんじゃないだろうか…?


…とかいう事を延々と考えてしまう超小者なんですがw
そんな矢先にこのタイムリー足利もなか!!
これは、GOサインに違いない!!

とか思ってみた訳ですが―――  え、いいよね? いいの??
(知らんがな… (´・ω・`) )






ところで(…以下、本当にどうでもいい話ですが)
私はなんとなく
"歴史上の" 尊氏ではなく、"今" ここにいたとしたら)
尊氏はこう思っているだろう」みたいな感覚は
理屈じゃなくよく感じるのですが
直義はこう思っているだろう」みたいなものを
全然感じません (´・ω・`) …

まあ所詮、何の根拠もない妄想感なので
どうでもいいっちゃこれ以上どうでもいい事もないのですが
でもあれだけ好きな直義の気配が、なぜが全然分からない…
それどころか
直義は私の事あまり好きじゃないかも… みたいな感覚があって
わりと時々凹んでいます。
(自分でもあほかと思います。)


もちろん、(実際の)"歴史上の" 直義については
本人が天性の正直者でとことん素直で全く隠し事の出来ない
めちゃめちゃ分かり易い性格なのもあって
史料からかなり的確に分析が可能な、超難易度低いw人物なのですが
でも今の直義は全然分からん…



って、なんか厨二病発言が炸裂して来たのでそろそろ自重します。
ま、現時点では(そういう目に見えない存在については)
客観的に実証された事実は無いが
 それを完全に否定出来るまでには科学は発展していない」
…としか言い様がない、といった所でしょうか。

まあ気長に待っていればきっとそのうち
重力波(みたいな何か)とか高次元(みたいな何か)
が証明してくれるさw
なので今の所は、たまに不思議な偶然があった時は
現実の中に空想を楽しむのもいいだろう、と思い
今夜も空想もなかもぐもぐしながらバーボン室町の夜は更ける…



はぁ…
何かと気配を見せる尊氏に比べて
いま直義どこにいるんだろ… (´・ω・`)
直義を感知した方は、至急報告するように!!
褒美はたぶん、尊氏から「古印最中」が届くと思います。




-
posted by 本サイト管理人 at 01:59| Comment(0) | 日々のチラ裏

2016年04月16日

熊本のこと

こんばんは… と言うかもう
熊本の地震がショック過ぎて言葉もありません。
14日が前震で16日が本震だとしても
本震の前にあんなに余震の続く地震って…
しかも、今も信じられないくらいの頻度で続いていて
もう何が起こっているのか全然理解出来ません。
(私自身は全く別地域の本州住みですが。)

地震の揺れって想像以上に
人間の心身に多大な影響を及ぼすと思うんですけど
この余震で、どれだけの人達がつらい思いをしているのかと思うと
もうなんでこんな事ばかり起こるのか
この国最近どうなってしまってるの… (´;ω;`)

しかも、今日の地震で『阿蘇神社』楼門拝殿が倒壊
本殿も一部損壊してしまったと…
私、神代とか古代辺りも結構興味あって調べていたのですが
『阿蘇神社』古代豪族系で
日本の歴史の深層に関わる、やばいくらい歴史ある神社なので
ああもう…

もちろん、神様自身や神社の歴史には何も変わりは無いけれど
でも美しい楼門が… (´;ω;`)

今は何をどう考えたら良いのかも分かりませんが
取り敢えず同じ国の個人に出来る事は
極力身を慎み、しかし前向きに
気分を(暗くせず)明るく保つ事でしょうか。
人の心は思った以上に、世の中の出来事に影響するものなので…



-
posted by 本サイト管理人 at 23:57| Comment(0) | 日々のチラ裏

2016年04月29日

『Muromachi通り』通信【2016年GW企画】

こんにちは、『Muromachi通り』最新記事UPのお知らせです。
今日は、去年始めた毎年恒例GW祈願
「2016年GW企画 国宝『神護寺三像』」
です。


観たいーーっっ!!
生尊(なまたか)生直(なまただ)観たいーーーっっ!!!
…とのた打ち回って一年が過ぎました。
今年もまた悶々(もんもん)の刑に処される事になろうとは…
私ごときが御対面を望むなど、きっとまだ半万年早いのでしょう。
そんな (´;ω;`)

溜まりに溜まったもんもんエネルギー
そろそろ豆電球くらいなら点灯しそうな勢いですが
今は我慢の時だと思って、慎みたいと思います。



というか、最近の世の中の流れがつら過ぎて
色々考え込むと苦しくなって来ますが
例えば直義みたいに
人の痛み世の苦しみを、自分の苦しみのように思って


『風雅和歌集』
しづかなる 夜半の寝覚に 世の中の 人のうれへを おもふくるしさ

(静かな夜にふと目が覚めると
 世の人々の憂い悲しみが胸に押寄せて… 苦しい )


『新千載和歌集』
うきながら 人のためぞと 思はずは 何を世にふる なぐさめにせん

(この憂いの多い世の中で、人の為だと思わなければ
 何を生きていく慰めにしたらいいのか… )



なんて歌を残してしまう綺麗過ぎる心の持ち主にとっては
今の世の中は汚れ過ぎてるよなぁ…
などと、考えてもどうしようもない事を考え出すと
せっかく点いた豆電球すら消えそうに凹んで来ます、はい。


せめて過去の中に、美しいものが実在した事が知れ渡れば
が少しは変わるかも知れない…
そう思って
歴史からの真実の再発掘に、全力を投じています。



-
posted by 本サイト管理人 at 17:16| Comment(0) | 『Muromachi通り』通信